【音楽を仕事にする】音楽専門学校に通って技術を身に付けよう

ピアノを習う時の確認事項

ピアノを弾く人

最初に確認しておくこと

ピアノ教室はたくさんありますが、それぞれのピアノ教室で指導方針は異なります。特に、個人のピアノ教室で習う場合は、先生の数だけ指導方針があると言っても過言ではありません。そのため、実際にピアノ教室に通う前に色々と核にしておいた方が良い項目があり、それは教室を選ぶ時のポイントともなることですので、しっかり押さえておきましょう。特に個人のピアノ教室の場合は、先生がどういう方針で指導をしているかによって、進方向が違ってきます。分かりやすい例として、趣味で楽しくピアノを弾けることを目標にしている教室と、将来的に音楽高校や音楽大学をめざしたり、コンクールなどに出場してプロになることを視野に入れた教室があります。ピアノを始める段階でどちらに進むかは分からないという場合が多いですが、ピアノ教室は一度選んでしまうと、教室を変わることは大変なエネルギーが必要です。場合によっては、教室を変わったことにより、1から学びなおさなければならないという時もあります。そのため、最初にどんな教室を選ぶのかはとても重要なポイントとなります。具体的な教室の見極め方としては、発表会を見に行ってみるのがおすすめです。発表会を見ると、生徒さんのレベルや指導レベルが分かるためです。ピアノ教室に入る前に、お月謝のシステムについても尋ねておきましょう。教室によっては、レッスンのレベルが上がるとお月謝も連動して上がる場合があります。合わせて、発表会の頻度や負担金についても確認しておきましょう。