【音楽を仕事にする】音楽専門学校に通って技術を身に付けよう

声の演出のプロになる

マイク

デビューのチャンスが豊富

声優を目指す学科がある高校は、在籍している間からプロになるためのアクションが起こせるとうメリットがあります。高校卒業を待たずに、タイムリーにオーディションなどにトライ出来るため、全国から入学希望者が集まってきます。このような学科は、声優になるために必要な実力を、基礎から作り上げていくのが1つのスタイルです。呼吸や発声の仕方は、声優になる上では早期にマスターしておきたいテクニックです。声優を目指す学科では、このような初歩的なテクニックを高校の授業の中で仲間と一緒に学びます。演技力や表現力を鍛えるクラスを利用して、プロの声優になれるだけのスキルが身につくことは、一般の高校では得られないメリットです。オーディションを頻繁に受けると、デビューのチャンスが開けるのはもちろん、プロと接するシーンが増えます。直接アドバイスが受けられることもあり、プラスアルファのメリットが意外に多いのがオーディションです。毎回全力を出し切るうちに、自然に自身のレベルが上がる可能性が大きく、最終的に大きな力が身につきます。特殊な技術や知識が求められてくるのが、声優という職業です。高校の学科を通じて一通りの学習が出来ると、改めて専門学校などに入学する必要がなくなります。学費を最小限に抑える上でも、声優を目指せる学科はプラスです。将来の夢が決まっている学生は、高校入学時からこのような少しユニークな学科を希望する傾向が見られます。