【音楽を仕事にする】音楽専門学校に通って技術を身に付けよう

音楽を学ぶ専門学校

楽器

知っておきたい知識

将来ミュージシャンや作曲家を目指したい場合には音楽専門学校に通って、音楽の知識や技術を身に付けることが大切です。音楽専門学校に通うときには、事前に知っておきたいポイントがいくつかあるため、入学してから後悔しないためにも、ポイントは押さえておきましょう。音楽専門学校は大きく分けて3つの学科があり、ボーカルなどを育成する学科と作曲家を目指す学科、コンサートなどのイベントを企画運営する学科です。学科によって学ぶ知識や技術は大きく異なるため、音楽専門学校に入るときには、自分が将来就きたい職業に合った学科を選びます。音楽専門学校に入ってから学割や奨学金の制度を利用したい人は、自治体から認可されている学校を選ぶことが重要です。自治体から認可を受けていない学校に入っても、学割や奨学金の制度は利用する事ができないため注意しましょう。無認可の音楽専門学校は学割や奨学金の制度は利用できませんが、学校が独自に授業のカリキュラムを組めるため、質の高い授業を行っています。音楽専門学校の卒業生には、有名なミュージシャンや作曲家がいますが、卒業生だけに注目して学校を選ぶのは止めましょう。音楽の業界は自分で学ぶ意欲が大切なので、音楽専門学校を選ぶときには、講師の質や授業のカリキュラムを重視します。イベントの充実している音楽専門学校は、音楽業界の関係者と関わりあえるチャンスが増えますし、歌や曲を発表する機会が多くなります。

ピアノを習う時の確認事項

ピアノ教室の数だけ先生の指導の方針が違いますので、ピアノ教室を選ぶ時は将来のことも視野に入れて身長に選ぶことが大事です。お月謝のシステムや発表会の頻度、発表会費の負担金などについても、入会する前に確認しておきましょう。

声の演出のプロになる

声優を目指す高校では、頻繁にオーディションの機会が得られます。声優になるための土台作りから取り組むことが出来ますので、卒業後は専門学校を利用せずにプロになれる可能性があります。レベルアップに励めるような環境も、選ばれている理由の1つです。

近年増加する需要

イラストに対する需要は近年非常に高くなっているため、多くのイラスト専門学校が存在しています。そしてその内容はアニメ制作やマンガ、広告向けのイラストにグラフィックデザインなど、多彩なコースを用意している専門学校が増えています。